快適ドライブの為に準備したいあれこれ(工具類や便利グッズなど)

 

運転免許を取ったら快適にドライブを楽しみたいものです。

 

そのためにトラブルの際に使う工具や便利グッズを車に積んでおくと、いざという時にとても助かります。

 

ここでは、車に積んでおくと便利な工具類や便利グッズについてご紹介します。

 

いざという時のための工具類

 

・応急用タイヤ、工具、ジャッキ、輪止め

応急用タイヤとタイヤ交換のための工具をトランクなどに積んでおくと、出先でパンクしてもすぐにタイヤ交換ができます。
必要な工具とジャッキもタイヤと一緒に積んでおきましょう。
また、意外と忘れがちなのが輪止めです。

これがあれば車を安全に固定できますのでタイヤ交換用工具とともに車に載せておきましょう。

 

・発煙筒または非常信号灯

発煙筒や非常信号灯は高速道路などで車両トラブルを起こした時に、路肩などに車を止める際に後続の車に危険を知らせる為に必要です。

 

これらの装備はほとんどの車に搭載されているのですが、一つ注意すべきことがあります。

 

それは、発煙筒や非常信号灯には使用期限があるということです。定期的に使用期限が切れていないか確認しておきましょう。

 

・三角停止板

三角停止板もトラブル時に後続の車に注意を促すために必要です。

 

・ブースターケーブル

ブースターケーブルは、車のバッテリーが上がってしまった時に使います。

他の車のバッテリーとつなぐことで、バッテリー上がりを解消することができます。

 

・ハンマー

水害などで車に閉じ込められた時、ハンマーが有れば車の内側から窓ガラスを叩き割って脱出する事が出来ます。

ダッシュボードの中へ入れておけば緊急時にもすぐ取り出せて便利です。

 

便利なグッズ

 

上記の工具類はどれもトラブル時に必ず必要なものですが、他にもあったら便利というものがありますのでご紹介します。

 

・懐中電灯

夜にトラブルを起こした時に備えて、懐中電灯を一本積んでおくと便利です。

 

・携帯電話の充電器

事故を起こした時などは警察や保険会社と連絡と取らなければならないので、携帯電話やスマホの充電が切れているととても困ります。

モバイルバッテリーなどの充電器を積んでおけば、本当に必要な時に助かります。

 

・雨具やタオル
天候が悪い時にタイヤがパンクすると、雨の中タイヤ交換をするのは大変です。

悪天候時にトラブルが起きた時のために、簡単な雨具やタオルを車に積んでおくととても助かるでしょう。

また、タオルは雨で視界が悪くなった時、ガラスを拭くのにも使えます。

 

・毛布

寒い時にエンジントラブルが起きて立ち往生した時など、毛布があれば寒さをしのぐことが出来ます。

雪道でタイヤが雪にはまった時に、タイヤの下に毛布を敷くとタイヤが空回りせずスムーズに出す事が出来ます。

ネット申込みで5000円OFF!!

shaken

合宿免許は、自分で探すより効率的、しかも安く予約出来る「合宿免許受付センター」がオススメ!
都合に合わせた入校日で価格がグッとお得に!また、女性に嬉しいプライバシーも配慮した教習所も紹介!
さらにT-POINTが貯まる教習所も!
利用料は無料!ネットなら24時間受付!携帯からも繋がります!

詳細はコチラボタン