ガソリンを節約する運転テクニック

 

ガソリンを節約するために、運転時の「ちょっとしたコツ」でガソリンを節約する事が出来ます。

 

ここでは、家計にも環境にも優しい運転テクニックについてご紹介します。

 

発進時はゆっくりとアクセルを踏み込む

 

ガソリンを一番消費する時は「発進時」と言われています。

 

その為、発進時にはアクセルを踏み込み過ぎない様にゆっくり踏み込むと、スムーズな加速とともにガソリンを節約することができます。

 

走行時に急加速をしない

 

発進時と同じく、「急加速時」もガソリンを大量に消費します。

 

走行時にスピードを上げる際にも、なるべく急加速をしない様に心掛けましょう。

 

エンジンブレーキを使う

 

車の走行中にアクセルを離すとエンジンブレーキがかかります。

 

その動作を利用して、長い下り坂などでエンジンブレーキを使えば、減速と同時にガソリンも節約する事が出来ます。

 

不要な荷物を降ろす

 

車にたくさんの荷物を積むと、重い車を走らせる事になり、多くのガソリンを消費することになります。

 

トランクに不要な荷物をたくさん積んでいる場合は、必要最低限の荷物に減らせばガソリンの節約になります。

 

また、ガソリンを満タンにせずに半分ずつ入れるようにすると、それだけ車の重量が軽くなるのでガソリンの節約になります。

 

カーエアコンの利用を調整する

 

カーエアコンもガソリンを消費する原因の一つで、長時間使うとガソリンの消費が激しくなります。

 

夏は窓を開けたり、冬は暖めすぎない様にするなど無理のない範囲で調整すれば、ガソリンの節約に繋がります。

 

エコモードを使用する

 

車種によって、ガソリンを節約する走り方をする「エコモード」と呼ばれるボタンが付いています。

 

このボタンを押して運転すると、急加速をしないようになるなどガソリンの消費を抑える走り方が出来ます。

 

また、アクセルを離した状態などガソリンの消費が少ない時になると、「今はエコモードで走行しています」ということを知らせるランプが点灯する車種もあります。

 

このようなエコモードを利用することで、ガソリンの節約を意識しながら運転することが出来ます。

 

タイヤの空気圧をこまめにチェックする

 

タイヤの空気圧が低い状態で走行すると燃費が悪くなります。

 

定期的にタイヤの空気圧をチェックすることで燃費の悪い走りをしなくて済むようになります。

ネット申込みで5000円OFF!!

shaken

合宿免許は、自分で探すより効率的、しかも安く予約出来る「合宿免許受付センター」がオススメ!
都合に合わせた入校日で価格がグッとお得に!また、女性に嬉しいプライバシーも配慮した教習所も紹介!
さらにT-POINTが貯まる教習所も!
利用料は無料!ネットなら24時間受付!携帯からも繋がります!

詳細はコチラボタン